学資保険

| 未分類 |

子どもが産まれてホッと一息ついた時に考えなければならないのが学資保険です。

 

最近では、生まれる前からプランを念入りに考え、産まれたらすぐに保険に加入する家庭が増えてきました。

 

学資には様々な種類があり、どこに重点を置くかによって保険金額や保険料、そして制度も変わってきます。

多くのひとが考えがちなのは、子どもの保険とは怪我や病気になったときに補助が出るもの、万が一のときに備えるものです。

 

しかし、本来の目的とは子供の将来のための学資金、すなわち学費なのです。

 

近年は、大学に行くのが当たり前になってきました、大学に行かなくても短大でも専門学校でもすごくお金がかかります。

 

大体入学時に必要な学費は250万円と言われています。その時に産まれたときからの貯蓄があれば、お金に困ることなく子供の教育資金に充てることができます。

 

充実した教育を受けて、立派な社会人に育て上げたいというのはどの親でも考えることでしょう。

 

保険に加入するのも早くすることには理由があります。

それは、保険料が安くなることです。

 

0歳で加入した時と5歳で加入した時とは数千円も保険料が変わってきます。年間にすれば、何万円も変わってくるので、産まれた時からの加入が経済的にも負担になりにくく、とてもおすすめです。 今加入を考えているご両親の方は早めに保険に加入しましょう。