がん保険

| 未分類 |

がん保険は文字通り、がん治療に特化した保険です。がん治療に特化しているため他の医療保険との違いは入院や通院に通算日数の制限がないため、入院したら入院日額×入院日数の保険金が給付されます。医療保険の一種とみなされているため通常の加入方法の場合は死亡保障がありません。ただし、特約を負荷することで死亡保障をつけることが出来ます。

日本にがんに関する保険が登場したときは死亡保障がついていました。ただしその死亡保障もがんで亡くなった時に保険金が給付されるというものなので、交通事故などがん以外で死亡した場合はがん死亡保障の半額や1割など給付金が削減されてしまいました。

 
現在、がんに関する保険には2種類あります。まず、がん治療に対して独立した保険商品が存在しているところと医療保険にがん治療に関する特約などを不可して、医療保険にある通算日数をがん治療の場合だけ通算日数を適用しない、というものです。そのほかにもがん治療で増えてきている抗がん剤治療に関する特約を不可したり、治療を開始して一定期間を経過してもまだ治療を続けている場合は追加で一時金を支給するタイプなどがあります。
がん治療の進化はめざましく、保険も定期的に見直す必要があります。自分の加入している保険が、治療実態に合っているかどうかが見直しのポイントとなります。