個人年金保険

| 未分類 |

個人年金保険とは、保険の契約時に取り交わした約束の年齢に達したときに保険金が給付される保険のことです。老後に支給される年金のように毎年決まった金額の保険金を受け取ることが出来るという保険のことです。

年金には20歳以上の国民が加入を義務づけられている国民年金という公的年金の他にサラリーマンが加入する厚生年金、国家・地方公務員が加入する共済年金というものがあります。厚生年金、共済年金に加入すると同時に国民年金にも加入しているという特徴があります。

 
最近は国民年金の未納問題があるため、将来の国民年金の給付に不安を抱く人が増えているようです。そのため個人が自分で老後の生活を支えるために貯金をしたりしていますが、年金保険は将来、一定期間に一定金額を確保したい人が加入を考える保険です。年金保険は貯金と同じ機能を持っていますが、ここ数年は予定利率の低下で保険料が高くなっていること、終身保険など商品設計が多彩になり、他の保険商品に年金機能を持たすことが出来るようになったりと他の保険とのかねあいが難しい商品になりました。老後に不安を覚える年代にさしかかったりするときに新たに加入を考える保険のように思われますが、この保険こそ若い人が考慮すべき保険かもしれません。