病気や怪我以外の目的別タイプ

| 未分類 |

 

生命保険には、大きく分けて死亡や重度障害のときに一括して支払われる保険金と、怪我や病気などで入院や手術をしたときにその都度受けられる保険金があります。

 

しかし、これで全ての不測の事態を未然に防ぐことができるというわけではなく、これ以外にも目的別に様々な保険が用意されています。

 

例えば、子供の学費を積み立てるための学資保険や、老後の収入を確保するための個人年金などが挙げられます。

 

特に学資保険は、途中解約をすると大幅に元本割れになりますので、貯金では不安が残る人でも確実に学費を貯めることができます。

加えて支払っている保険料は所得税の控除対象になりますので、今では子供が生まれたら学資保険に加入するという家庭もかなり多くなってきています。

 

また、ガンの様に先進医療に国の認可が追いつかない治療の場合には、通常の生命保険とは別途、専門の保険に加入しておかなければなりません。

 

がん保険は国内でも加入者数がかなり多くなっている商品で、ガンになってから生存した場合にも保険金が支払われたり、最新の医療を受けても十分な費用の保障がされているものなど、会社によって特徴も様々です。何でもかんでも加入すると保険料が高くなりますが、必要なものは用意しましょう。